1. HOME
  2. BICYCLE
  3. 最新サイクルコンピューター LEZYNE SUPER GPSを試す。その1

BICYCLE一覧へ >

2016.10.28

最新サイコンと走ろう

最新サイクルコンピューター LEZYNE SUPER GPSを試す。その1

最新のサイクルコンピューター、「LEZYNE SUPER GPS」を編集部トミーが使用してみました。

LEZYNE、と聞いてはじめに思い浮かべたのは、鏡面仕上げでキラキラした「空気入れ」。いや「フロアポンプ」と言った方が正しいか。とにかく、「漢字仮名交じり」より、圧倒的に「横文字カタカナ」な、カッコイイメーカー、というのが自分の印象です。恥ずかしながら告白すると、初めてLEZYNEのロゴを見たとき「レザイン」と読めずに「レ、レジー?…ヨネ?」とか読んでいた。すかさず、横にいた自転車師匠が「レザインだよ!」とつっこんでくれたので、その後恥をかかずにすんだのです。

そのLEZYNEが、サイクルコンピューターをラインナップしている。……知らなかった。

ここ3年ほど自転車離れしていた自分は知らなかったのですが、昨年リリースされた「Mini GPS」は当初、最小・最軽量のGPSサイクルコンピューターだったそう。機材の進歩、メーカーの技術革新は日進月歩だ。ひるがえって、ここ数年自分が自信を持って言える成長した点といえば、体重とお腹周りくらい。

 

さて、「LEZYNE SUPER GPS」。

解説文を読むと、3種類の測定値を組み合わせて、信頼性の高いトラッキングを提供してくれるとのこと。GPSはライダーを、気圧計は標高を、加速度計はGPSの補正を、それぞれ測定してくれる。さらに、Bluetooth Smartを介して、ケイデンス、速度計、心拍計、パワーメーターなどとペアリングでき、データを集積できる。さらに、スマートフォンとペアリングすることで、ナビゲーション機能、メールの着信、メッセージの着信、電話を表示できる!らしい(ごめん、おじさんにはチョット、キャパオーバーぎみ)うん、とにかく開けてみましょう。

 

 th_IMG_4160

まず箱からしてミリタリーっぽくて、カッコイイ!箱を開けてみてもカッコイイ!細かいところだが、こういうところも気を使ってデザインしてあると、やっぱり嬉しいもの。いよいよ取り出して手に取ってみると、「か、軽い!」76gしかない!76gのスパゲッティなんて、食べるの一瞬なのに。

th_IMG_4166

 

箱の中の内容物を見てケーブルを探してしまった。「そうか、Bluetoothでリンクするんだった」まるで浦島太郎だな、とひとりごちながら、取り付けにかかります。箱の中にはタイラップやゴムリングも一緒に入っているので、取り付けに何の心配もいらない。6分ほどで装着を終え、磁気センサーの取り付け位置を調整して、センサーとペアリングをして完成。おっと、もう一つ。iPhoneに「LEZYNE GPS Ally v2」というアプリをダウンロード。まだ日本語サポートはないが、ここの「Navigation」の地図から目的地をタッチして、リンクさせれば、サイコン本体に行き先の表示が出るという。つまり、スマホの電池をあまり使わずに済むということか。頭いいなぁ。

th_IMG_4174

本体にあるのはボタン4つのみのシンプル設計。バックライトもかなり明るい。これなら、帰宅中も安心してサイコンを確認できます。途中でコンビニに寄っても、左右どちらかに押さえつけながら45°回すと簡単に取れる。盗難対策に一番いいのは、取り外して持ち歩くことでしょう。ワイヤレスのいいところですね。

さあ、次は実際に乗ってみよう。

つづく

 LEZYNE HP  http://www.diatechproducts.com/lezyne/

BICYCLE一覧へ >

  • motorimodamotorimoda
  • shopbannershopbanner
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku
  • one navione navi

ページ上部へ戻る