1. HOME
  2. CAR
  3. Winter Drive 03_朝風呂、日の出、朝ごはん!_前編

LIFE STYLE

CAR一覧へ >

2016.03.05

編集部・ヒゴシが行く、山梨で絶景露天風呂

Winter Drive 03_朝風呂、日の出、朝ごはん!_前編

凍てつく冬だからこそ出会える、美しい景色が日本にはある。
編集部スタッフ3人が、それぞれにお気に入りの場所まで、クルマを走らせる。
あるものは満天の星空を探しに、あるものは冬のアクティビティを体験しに、そしてあるものは、絶景をのぞめる温泉に。
目的地に向かう道中も、ワクワクできるクルマとともに、日本の冬のドライブを満喫してきました。

nc22_drive

編集部・ヒゴシが行く、山梨で絶景露天風呂
「朝風呂、日の出、朝ごはん!」
山梨に夜明け前から営業している温泉があると聞き、居ても立ってもいられなくなった編集部・ヒゴシ。露天風呂から日の出を拝むべく、山梨に向かったヒゴシを待っていたものとは……?

higoshi_1

早起きは三文の……?

 キンキンに冷えた部屋に鳴り響く2種類のアラーム。ひとつは目覚まし時計、もうひとつは携帯電話。掛け布団を吹き飛ばすような勢いで布団から抜け出し、アラームを止める。こうでもしないと布団から出られない午前3時半。室温は6℃。歯を食いしばって身支度し、家を出る。
 自宅近くのコインパーキングで僕を待っていたのは、ルノーのコンパクトSUV、キャプチャー。オフホワイトのボディが、明けきらぬ夜の闇にぼわんと浮かんで見える。車内の温度計が指し示す外気温は2℃。今年は暖冬だなんて誰が言った?暖房が苦手な僕だが、思わずエアコンに手を伸ばす。国産車とはまるで違う、牧草の上を歩くような柔らかなステップで、キャプチャーはそろりそろりとパーキングを出た。
 そもそもなぜ僕がそんな時間から出かけることになったかというと、冬ならではのドライブというものを考えたとき、真っ先に頭に浮かんだのが、この「早朝ドライブ」という行為だったから。休日に遅くまで寝ているのは至福の時間、ましてや寒い季節ならなおさらだ。だが僕らは同時に、普段よりも早起きして出かけることの面白さも知っている。二度寝の誘惑にさえ打ち勝てれば、冬の遅い日の出を拝み、どこかでゆっくり朝食を食べてから帰路について
も、正午前には戻って来られるだろう。早起きした日特有の「あれ、まだ11時かぁ」みたいな気持ち、このところプライベートでは味わってなかったし。
 そんなわけで、ドライブの目的地は山梨県にある知る人ぞ知る名湯、「ほったらかし温泉」と決めていた。どうやらそこでは、天然温泉の露天風呂に浸かりながら日の出を堪能でき、夜には降るような星を楽しめるという天国のような場所らしい。数年前にその存在を知り、いつか行こうと思って幾年月。カーナビに導かれるまま、片道200㎞のショートトリップにいざ出陣!

higoshi_2

天気予報は曇のち晴れ

 人影のない街を抜け、首都高の入口を駆け上がる。4時を少し過ぎたばかりで、さすがにまだ行き交うクルマはまばらだ。キャプチャーはルーテシアベースのコンパクトSUVで、アイポイントの高さも相まって運転に気難しいところはない。〝街乗りSUV〞とでも言うべきこのクルマの心臓部は1・2ℓガソリンエンジン。決して速いわけではないが、低回転域から必要十分なパワーを発揮しており、クルマも僕も飛ばしてどうの、というようなタイプではないので、早めのシフトアップで悠然と走らせたくさせる。快適快適!……と、仕事であることを忘れてクルマを走らせていたそのとき、フロントガラスを濡らす雨粒がひとつ、ふたつ、みっつと増え、気がつけばワイパーなしでは走れないほどの雨に。その後しばらくすると、もうどしゃ降りの域。絶望的な気分で中央自動車道の大月JCTを過ぎて笹子トンネルを抜けたころ、あれほど降っていた雨が弱まっていることに気づく。雨よこのままあがれ、天気よもってくれと、一縷の望みを胸に勝沼ICで高速を降りる。両側に果樹園が並ぶ県道を抜け、山梨市の市街地を走り、ちょっとした山道を上ること数分、都内の自宅を出ておよそ2時間、標高670mの山の上にあるほったらかし温泉に到着した。そしてなんともありがたいことに、そのころにはすっかり雨もあがっていた。

……to be continued.

photo_SACHIHIKO KOYAMA(STUH)

<関連記事>
→Winter Drive 01_空気が澄んでる冬だから満天の星空を見に行こう!_前編
→Winter Drive 02_道なき道もなんのその!スノーシューとSUVの素敵な関係_前編

CAR一覧へ >

  • motorimodamotorimoda
  • shopbannershopbanner
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku
  • one navione navi

ページ上部へ戻る