1. HOME
  2. CAR
  3. 新型 日産スカイライン発表

NEWS

CAR一覧へ >

2019.07.16

クワマンこと、タレントの桑野信義さんと同い歳(1957年4月生まれ)だそうです

新型 日産スカイライン発表

SK-02
日産自動車は7月16日、神奈川県横浜市の日産グローバル本社ギャラリーにて、“ハンズオフ”を実現する新型運転支援システム「プロパイロット2.0」を備えた新型「スカイライン」を発表した。

SK-04
今回発表された新型スカイラインは、フロントグリルのエンブレムをインフィニティからニッサンに変更するとともに、多くの日産車で取り入れられている“Vモーショングリル”を採用。またリアは伝統の丸型4灯リアコンビネーションランプが復活するなど、これまでのスカイラインを彷彿させるデザインに進化している。

SK-05
なお、ハイブリッドモデルには先進運転支援システム、“プロパイロット 2.0”を標準で装備。このプロパイロット 2.0は、ナビゲーションシステムとクルマの周囲360度のセンシング情報とを連動させ、あらかじめナビで目的地を設定した高速道路本線に合流すると、ナビ連動ルート走行を開始。分岐や追い越し時の車線変更の適切なタイミングをシステムが判断し、ドライバーに提案してくれる。また、同一車線走行時には、ドライバーがすぐにステアリングを確実に操作できる状態にある限りにおいて、ハンズオフ(手放し)も可能となった。

このほかにも、車体の挙動を安定させるインテリジェント・ダイナミックサスペンションを初搭載するとともに、ステアリング切り始めのレスポンスを向上させ、ライントレース性を高めるダイレクトアダプティブステアリングも装備。さらにはNissan Connect(コネクテッドサービス)では新世代の専用車載通信ユニットによる多彩なサービスも提供する予定。

SK-03
発表会のゲストには、日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏が登場。事前に試乗した新型スカイラインのプロパイロット 2.0体験を映像を交えて紹介。その先進性の高さに驚きを隠せなかったことを熱く語っていた。

ガソリン車には海外で高い評価を得ている、3.0ℓ V6 ツインターボ「VR30DDTT」を搭載。さらにはスカイライン史上最高の400馬力を実現した「400R」もラインナップする。

SK-07SK-06

発売は2019年9月からで、価格はハイブリッド車が547万4520円~632万7720円(税込)、ガソリン車は427万4640円~552万3120円(税込)となる。

詳しくは
スカイラインWEBカタログ

CAR一覧へ >

  • KUSHITANIKUSHITANI
  • Dainese Group_Type E_Black_2017Dainese Group_Type E_Black_2017
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku

ページ上部へ戻る