1. HOME
  2. BLOG
  3. コバユリのステキカフェBLOG
  4. ”オトナパフェ”に会えるスイーツカフェ『ル・パステ』

160728

小林夕里子

小林夕里子

9カ月前 - 2016.07.27

”オトナパフェ”に会えるスイーツカフェ『ル・パステ』

前回のブログで、わが揺るぎなき桃愛について綴った、一週間後…

 

160721

 

今年も無事に伯母様より宝石箱が届いたことをご報告いたします(嬉)

 

それにしても世の中にはいろいろなパフェがあるものですね。
スカイツリーをモチーフにした高さ「63.4」cmのパフェだとか、
50人前をひとつに盛ったオバケみたいなパフェだとか。
総じて、個性を求めてデカ盛り化、という構図が見て取れるわけですが、
量より質にこだわりたい(=中性脂肪が気になる)いいオトナとしましては、
異なる素材同士を組み合わせてスイートなハーモニーを創り出す”プロ”、
ケーキ屋さんが手がける、普通サイズのパフェを越えるものはないと思うのです。
てなわけで、TRIUMPH America LTに跨り、走るは浅間サンライン。
軽井沢のお隣、御代田町のケーキカフェ『ル・パステ』へ、
大好きなパフェに会いに行ってきました♪

 

 160722

 

 

160723

 

「ル・パステ」とはフランス語で”茶こし”という意味。
紅茶アドバイザーとシェフ、2人の女性が”手づくり”にこだわり営み続ける、
地元客にも根強い人気のスイーツカフェです。

 

160724

 

パフェの種類は「チョコレート」と「キャラメル」の2つで、
レギュラーサイズに加えて「まるまるひとつは多すぎるかも…」なんていうときにうれしい
Sサイズも用意されているあたりがオトナでしょ?
さらに、私は「キャラメル」のオトナっぽいほろ苦さにメロメロなのですが、
この日は悩み抜いた末に、夏しか食べられない「紅茶のパフェ」をオーダー。
しばらくすると、シェフの卓子さん自ら「あ~ふ~れ~る~~~」と言いながら(笑)、
そお~っとグラスを運んできてくれました。

 

160725

 

 

うっふーん、いい溢れっぷりだこと!
上から、

・オーダーを受けてから泡立てる新鮮この上ない六分立て生クリーム
・もちろんお店で焼いている紅茶のバターケーキ
・自家栽培のミントの葉
・アールグレイの紅茶アイスとゼリー
・紅茶バターケーキ再び
・バニラアイス
・紅茶のゼリー再び
・生クリーム再び

どれも主役級の味わいながら、
すべてがお口の中でひとつになったときの見事なハーモニーと言ったらもう、
ゴスペラーズもビックリだわよ。
あ、イマドキはAJIか、リトグリか。
いや、やっぱりこの、甘さ控えめなオトナ味はゴスペラーズで間違いないな。
なんて考えながら、
まるでミルクティーを飲んでいるかのようなやさしい甘みに溺れる最終章で、
卓子さんが再び登場。

「新しいメニューを考えてるの。これ、試食してみて~」

 

 

160726

 

 いや~~~ん♥♥♥

 

紅茶の余韻も束の間、新たな快楽に溺れる私。
まったくもう、アレとコレがこうなってなんというハーモニーなんだ!!!!
ゴスペラーズ、いや、これはどこまでもやさしく透き通る安田祥子&由紀さおり姉妹の歌声のごとく…。

 

正式リリースの暁にはまたこちらのブログでご紹介しますね。
だってほら、オトナも子どももアナタもわたしもみんな大好きな…
「も」がつくアレなんですもの!

 

 

 

 160727

 

 ★ スイーツカフェ『ル・パステ』 ★

長野県北佐久郡御代田町大字塩野450-25 
http://www.slow-style.com/detail/index_893.html

 

小林夕里子…ライフスタイルエッセイスト。「アクティブ&ナチュラル」をキーワードに、執筆やメディア出演を通じてバイクのある暮らしの喜びを女性の視点から発信。モーターサイクル×アウトドアブランド「nomadica」代表。

ページ上部へ戻る