1. HOME
  2. BLOG
  3. コバユリのステキカフェBLOG
  4. コーヒー月間です1『森のカフェテラス カワンルマー』

cafe161001-7

小林夕里子

小林夕里子

7カ月前 - 2016.10.13

コーヒー月間です1『森のカフェテラス カワンルマー』

10月1日は「国際コーヒーの日」。
世界のコーヒー豆のおよそ3分の1を生産するブラジルでは、
9月に収穫と出荷が終わることから、10月1日からをコーヒーの新年度と数える習慣があり、
これにちなんでICO(国際コーヒー機関)が、
「みなでコーヒー愛を共有することで数百万人の農民を支える機会になれば」
との趣旨で昨年制定しました。
そう、まだできたてほやほやの記念日なのですが、
実は日本には30年以上も前から「コーヒーの日」があったのをご存知ですか?
全日本コーヒー協会が、「 国民的飲料として定着しつつあるコーヒーの魅力と
すばらしいおいしさを消費者に再認識していただく(以下省略)」…で、
1986年、やはりコーヒー年度の始まりである10月1日を「コーヒーの日」としていたんです。
日本茶という誇り高き文化がありながら、世界に先駆けたこのコーヒー愛!
すごいぞ、ニッポン!

そんな10月は、勝手にコーヒー月間です。
遠い南の国々でコーヒーの木々が新しい芽吹きを始める幸せな光景を思い浮かべながら、
コーヒーへの想いを温めるカフェライドをしませんか?
例えば、軽井沢の焙煎屋さんが営む『森のカフェテラス カワンルマー』。

 

 cafe161001-4

 

ヘルメットを脱いだら、
森の清々しい香りとコーヒー豆の焙煎香をひと思いに深呼吸!
こちらのカフェの隣には焙煎工房があって、
世界から選りすぐった生豆をオリジナルの焙煎機で焙煎し、
通販はもちろん、各地のカフェやコーヒー専門店に卸しています。
そのプロ中のプロのコーヒーをじっくり味わえる、魅惑の空間なのでございます。

 

cafe161001-6

さらに、カフェも担当するロースター小野寛之さんは自他ともに認める乗り物大好きっ子で、
カワンルマーはスネークモータース K-16を展示する「SNAKEMOTORS PARK」に登録されているんですよ。
ちなみに2つ上の写真に写っているハスクバーナは小野さんの配達車両。

 

cafe161001-5

小野さんです。
それはうれしそうに乗り物の話をしながらコーヒーを淹れてくれます。
カフェのメニューはドリンクのみというガチなコーヒー屋さん。
豆の種類や焙煎度合いの異なるいろんな種類のコーヒーを楽しめます。
コーヒーのことはよくわからない、という人も、
気軽に相談すれば小野さんがきっと口に合う一杯を淹れてくれるはず。

 

cafe161001-3

 

この日の私は…裏メニュー♡
まろやかなミルクの中にコーヒーの深みがやさしく漂う、秋にぴったりの一杯!
身も心もほどけていくのを感じながらふと店内奥に目をやると…。

cafe161001-2

店主、遊んでます。
なんと店内にグランツーリスモ6!
「お客様にライダーほか乗り物好きが多いので導入しております」って、完全に店主の趣味では…(笑)。
だけど、地元客から県外客まで、
ひとり読書にふけるご老人からゲームにはしゃぐ若者までが、
それぞれに好きなことをしながらも、
ひとつの空間でそれは穏やかに、
小野さんのコーヒーでつながっている不思議な感覚…。

 

ガチなようでガチじゃない。
いや、ガチであってガチじゃない。
ガチな人からガチじゃない人まで、
コーヒー愛と乗り物愛を深めたくなったら、
行ってみよー!

 

cafe161001-1

 

 

★ 森のカフェテラス カワンルマー ★

長野県北佐久郡軽井沢町追分1541-55
http://www.kawanrumor.com/?mode=f3

小林夕里子…ライフスタイルエッセイスト。「アクティブ&ナチュラル」をキーワードに、執筆やメディア出演を通じてバイクのある暮らしの喜びを女性の視点から発信。モーターサイクル×アウトドアブランド「nomadica」代表。

ページ上部へ戻る