1. HOME
  2. BLOG
  3. まなブログ on the Wheels!
  4. 動画の可能性

movie

河口まなぶ

河口まなぶ

2014.11.25

動画の可能性

▪️本日はちょっとお仕事のお話にしてみようと思う。

▪️気がつけば、もう6年も動画チャンネルを続けている。既に知っている方も多いと思うけれど、Youtubeで「LOVECARS!TV!」というチャンネルをやっている。

▪️最近、イベント等でお会いする方の反応が顕著に変わってきた。以前は「いつも読んでます」という方が多かったが、今では「いつも視てます」と言われることが多い。また、そんな風に言ってくれる方の年齢層が以前よりも格段に若くなっていて、大学生や高校生に声をかけられることが多くなった。

▪️まさに時代だな、と感じる。残念ながら今や「読む」方よりも「視る」方がメジャーになりつつある、世の中的に。もちろん、それだからこそ「読む」に改めての価値もあるのだけど。

▪️僕が動画を始めた時、多くの方は「何やってんの?」と思ったはずだし、自分1人で撮り続けていることに、「なんでそんな面倒なことを?」「なんでお金にならないことを?」とも言われた。

▪️でも、僕は動画の可能性を感じていた。動画はとてつもなく巨大な力を持っている。それは、それまでにも自身が動画に出演してわかっていたし、TV番組等に出ていた時の反応からも明らかだった。

▪️確かにお金にはならない。けれど、今までよりも遥かに多くの方に自分を、「河口まなぶ」を知ってもらうことができる。これは間違いないことだった。

▪️だから僕は、可能な限り動画をアップし続けている。そうしてより多くの人に僕を知ってもらおうと思った。そしてそんな僕が、自動車をどう感じているかをなるべくそのままお伝えして、感じ取ってもらおうと思った。

▪️Youtubeに初めてチャンネルを作ったのが2008年のこと。あれから6年が経って、今では多くの方に声をかけてもらえるようになったし、動画も人気のものは数十万回再生されるまでになった。チャンネルの登録者数ももうすぐ3万6000人に到達する。

▪️さらにYoutubeとはパートナー契約がなされているので、月に十数万くらいの売り上げが入る。月に4−5本の動画を撮影して編集して出演して(そして交通費や自分の日当を稼ぎ出す)…と考えると、1本あたりの収入は全く割に合わないけれど、僕も一応はユーチューバーだ。

▪️そしてこれは、僕をとても勇気付けてくれることでもある。自分で撮影して出演して編集してアップしたものが、多くの人が視れば視てくれるほどに、自分の収入になる。本当に微々たるものだけれど、自分は自分でメディアとしてある意味自立している、ともいえる。またたまに再生回数が数十万回になると、その金額が増える。成果に応じてギャラが変わる(というほど入ってこないが)というのは、作り手としてもモチベーションになる。

▪️そして自分のメディアをもっと広げるために、様々な施策を考えて、いかに多くの人に視てもらえるかを考える…それは、電話をもらって原稿を書いたり、出演したりするだけの仕事とは違う、もっと異なる視点を僕に授けてくれた。芸能人ではないのだから、自分は自分で売り出していかなければならない。そのために何が必要かを考えるよになった。

▪️しかし、それより何より大切にしていることは、動画によって素早く多くの人に自動車の魅力を伝えたい、ということ。特に現状では自動車メディアにおける動画は数が少ないので、お金になろうがならまいが自分が積極的に動画をやっていくべき、と考えている。

▪️Youtubeは匿名での意見やメッセージが書き込めるので、誹謗中傷は茶飯事。朝起きてメールを開いたり、チャンネルのコメントを見るとと「死ね」とか「つまらん」とか「もっとまともなこといえ」とか、たくさん書き込まれている。「ほめてばっかり」とか「もう少し勉強しろ」とか、まぁ、いろいろ(笑)。

▪️けれど僕は、そうした言葉を目にする度に実は嬉しく思っている。なぜならば、わざわざリンクから動画を視聴して、キーボードか画面を使って文字を入力してくれた…という少なからずのアクションをしてくれているから。それだけのコストを払っていただいた、と思っている。だから気持ちを抑えて「ありがとうございます」と思うことにしている、そういう書き込みには。

▪️それと同時に内容的にも気をつけていることがある。難しいことや専門的なことも言わないようにしているし、あえてそういう風に編集している。なぜならば動画は専門誌とは比べものにならないほど、幅広い人が視聴している。視聴者の多くがクルマ好きとは限らない(とはいえ、40−50代が90%、男性95%、半数以上がPCで視聴、平均視聴時間2分37秒と細かなデータがあるが)。

▪️僕は基本的に1人で動画を撮影して出演して編集してアップしている(走り撮影は多くの方に手伝ってもらっています、皆様に感謝!)。これからもそれを続けるだろう。いや、もっと人気が出たらもっと規模を大きくしてお手伝いしてもらう方も募集してやるかもしれないけれど。

▪️いずれにせよ、動画の可能性はとても大きい。それを今後も追求していくことは間違いない。

▪️なぜならこれは僕の、ライフワークのひとつだから、だ。

ページ上部へ戻る