1. HOME
  2. MOTORCYCLE
  3. ヤマハSRの魅力って? ~カスタムショップ編①~

NEWS

MOTORCYCLE一覧へ >

2014.11.13

発売中のMOTO NAVIから注目記事をピックアップ

ヤマハSRの魅力って? ~カスタムショップ編①~

 現在発売中のMOTO NAVI の巻頭特集、「SRと暮らそう。」。
タイトルどおり、ヤマハのベストセラーモデル「SR」に密着した特集だが、SRを語るうえで欠かせないのが、そのカスタムベースとしての素性の良さだ。現行モデルではFI化されたとはいえ、セルを持たない空冷単気筒のエンジンを中心に構成されるプリミティブな車体は、多くのユーザーにカスタムベースとして愛されている。

そんなユーザーたちのカスタム意欲を汲み取り、昇華させてくれるのが、全国にあるカスタムショップの数々だ。本誌では5軒のショップの5台のカスタム車両を取り上げた。ここではそのなかから、東京都狛江市に店を構える「オレンジブルバード」さんの記事を紹介したい。

*************************************

無題

ロケットカウルをまとったカスタムSRの王道とも言える一台

 かつては東京の環状八号線沿いに店を構え、多くのライダーをSRの虜にしてきたカスタムショップ、オレンジブルバード。英車風スタイルを得意とし、シーリータイプのフレームを採用したOMC-SRなど数々の名車を生み出してきた同店。移転した今も、そのスタイルを守り続けている。

「SRのカスタムシーン全体を見れば、スタイルの流行り廃りはありますが、うちはずっとこのカフェレーサースタイルがメイン。一時期はノーマルっぽいテイストを残す向きもありましたが、最近は海外からの影響もあってか、またカフェ人気がきていますね。とはいえ、最近はガチガチに“ノートンっぽく”とか“BSAっぽく”とかではなく、自分の気に入ったパーツを組み合わせる方が多いですね」とは、代表の和田氏の弁。

 本車両も完全にノーマルなのはハブくらいというほど手が入れられ、今なお、オーナーの手によってさまざまなパーツが持ち込まれ、カスタムが続けられているという。完成した暁には、果たしてどんな姿を見せてくれるのか。

*************************************

この記事の詳細は発売中のMOTO NAVI 2014年12月号にてご確認ください。ご購入はお近くの書店もしくは、アマゾン富士山マガジンサービスなどのネット書店にて!

MOTORCYCLE一覧へ >

  • KUSHITANIKUSHITANI
  • Dainese Group_Type E_Black_2017Dainese Group_Type E_Black_2017
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku

ページ上部へ戻る