1. HOME
  2. MOTORCYCLE
  3. カフェ好きライダー・コバユリのカフェライドエッセイ/cafe alma(和歌山県)

LIFE STYLE

MOTORCYCLE一覧へ >

2015.01.07

カフェ好きライダー・コバユリのカフェライドエッセイ/cafe alma(和歌山県)

ライフスタイルエッセイスト小林夕里子が、オートバイとカフェのいい関係を、
おすすめのカフェ紹介とともに綴るMOTO NAVIの人気連載エッセイをウェブでもご紹介。

あなたのカフェライダー魂を満たすのは、
情報収集して行ったカフェ? それとも偶然見つけたカフェ?

捨てる神あれば拾う神あり
熊野で勝利のカプチーノ

文・写真/小林夕里子

IMGP6386

計画を立ててから走り出すのがいいか。行き当たりばったりを楽しむか。
それは旅好きライダーにとって永遠のテーマだ。
それぞれによさがある。だから私はよく五分五分のプランを立てる。
例えば、無計画の旅の中に一軒だけお目当てのカフェを含める。
偶然の出会いの数々に心躍らせながら、ついに憧れのカフェに身を置く幸せと言ったら。
一粒で二度おいしいバイク旅のできあがり。

ところが先日、紀伊半島を旅したときは、珍しくカフェの予定を入れていなかった。
いや、意中のカフェはあったのだ。
南高梅を求めて横浜から和歌山の秘境、龍神村に移住した元フレンチシェフが営む古民家風カフェ。
けれど土日以外はお休みだそうで、今回の旅程とは合わなかった。
それを知ったのが出発前日で、別候補を見つけられないまま走り出してしまった。
まあいいか。だいたい私はカフェに心奪われすぎるのだ。
たまにはカフェから離れた旅をしてみるのも、いいじゃないの。

高野山を経て日本三大美人の湯、龍神温泉郷で一泊。
念願の早朝一番風呂をキメてから、龍神街道を気持ちよく流していると、
山を背にした道端に手書きの看板を見つけた。
ビコンビコン! 私のカフェセンサーが鳴る。
見覚えのあるその文字はあの、元フレンチシェフのカフェの名前だ!
今回訪問が叶わない無念さに、地図確認することなく蓋をしたというのに、
気が付けば吸い寄せられているのだから困ったもんだ。
おまけに人まで吸い寄せてしまったようで、看板が示す建物の方から大柄な男性が小走りに現れた。

「すみません、まだ焼けてないんですよ!」
ん?
「十一時ごろには焼き上がるんですけどねえ」
んん? あ、なるほど!
カフェでは近隣のパン屋の石窯焼き天然酵母パンを使っていると、
どこかの記事に書いてあった。パン屋さん、まさにお隣なのね!
「そちらから走ってきたってことは、高野山から降りてきました?寒かったでしょう!
いや〜、なんだか申し訳ないです」

、、、と続きはぜひ本誌をご覧ください!

ちなみに今回のカフェの情報は下記になります。

IMGP6397

cafe alma
世界遺産、熊野本宮大社内に今年10月にオープン。
同県内田辺市の自家焙煎コーヒー豆専門店「Vanilla Cafe」の姉妹店で、
焼きたて挽きたての新鮮なコーヒーや本格エスプレッソドリンクが味わえる。
地元の食材を使った軽食もあり、神域の静かな木立の中で過ごすひとときは格別。
おうちで旅の余韻に浸れる、オリジナルブレンド豆の販売も。

SHOP DATA
和歌山県田辺市本宮町本宮195-3 熊野本宮大社 瑞鳳殿内
9:00 〜16:00
火休
☎ 090-1426-0046

MOTORCYCLE一覧へ >

  • KUSHITANIKUSHITANI
  • Dainese Group_Type E_Black_2017Dainese Group_Type E_Black_2017
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku

ページ上部へ戻る