1. HOME
  2. MOTORCYCLE
  3. MOTO NAVI No.75 PICK UP Special/MOMO DESIGN ファイター エヴォ

LIFE STYLE

MOTORCYCLE一覧へ >

2015.03.07

ビッグ・マイナーチェンジを受けて生まれ変わった、15年目の“エボリューション”

MOTO NAVI No.75 PICK UP Special/MOMO DESIGN ファイター エヴォ

MOTO NAVI編集部のおすすめアイテムを紹介する「PICK UP」。

Special版としてご紹介するのは、2000年の発売以来、大人のためのスタイリッシュなヘルメットとして愛されてきた、モモデザインの「ファイター」。発売から15年、前回のフルモデルチェンジから5年。進化を遂げた2015年モデルの詳細とは……?

momo04モモデザインファイター エヴォ/写真手前のブルー×ボルドー(新色)のほか、マット系4色、ツヤあり2色の計7色をラインナップ。ポリカーボネート製シールドはUVカット加工済み。¥46,000。問合せ=モトーリモーダ銀座店

進化を続ける〝愛されフォルム〞モモデザインのヘルメット、「ファイター」が2015年モデルより生まれ変わった。しかも、〝革新〞という名のもとに。
 新色のブルー&ボルドーのカラーリング(写真手前)は、確かにいままでにないセクシーな配色だ。だが、どこに「ファイター〝エヴォ〞」と名乗るほどの進化があるのかは、ビジュアルだけでは伝わりづらいはず。だって遠くからでもひと目でわかるスタイリッシュなフォルムとシックなデザインは、そのまま引き継がれているのだから。
 今回ファイターが〝ビッグ・マイナーチェンジ〞として進化させた点は、11ヵ所にもおよぶ。その多くが着用感や使用感などディテールにこだわったもので、小さいけれど確実にライディング時の快適性に影響していることに改めて驚かされる。保護範囲が大きくなったインナーバイザーは確実に目元を覆ってくれるし、左右についたつまみで上げ下げする際の操作感は、厚い冬用グローブ着用時でも扱いやすい。メッシュが多用された内装やふっくらと柔らかくなったチンベルトも、長時間かぶっているとムレ感やストレスのなさに大いに貢献している。
 長く愛されてきたこのデザインや見た目の印象を変えることなく、細部をここまで研ぎ澄ませていく熟成と革新ぶりに、作り手の意地と情熱を感じずにはいられない。

DETAILS PICK UP  Ⅰ
momo01左/インナーバイザーは、縦方向に面積を広げることで保護範囲を拡大。引き出す際のツマミがシールドと一体成型化にして左右にセットされたことで、操作感も向上し左右どちらの手でも開けやすくなった。
右/シールドを固定するスクリューは、2ピース構造から1ピース構造へ。シルバー単色となって異なるカラーリングでも一体感を演出。

DETAILS PICK UP  Ⅱ
momo02左/シェルのモールディングステッチに用いられていたコットン素材を、ケブラー素材に変更。強度アップを実現した。
右/メッシュ素材を多用した通気性の高い内装素材。後頭部部分は樹脂ボタンで簡単に着脱できる。

DETAILS PICK UP  Ⅲ
momo03左/チンベルトパッドはやや大きくなり保護面積が広がった。またヘルメット内装と同素材のものを採用し、柔らかな肌触りでフィット感も向上した。
右/見た目にわかるのが、イヤーパッドの外装素材。強度の高い素材に変更すると同時に立体的なキャラクターラインが与えられ、現代的かつ精悍な印象を与えるアクセントとなっている。

photo_KOYAMATCH(STUH)

MOTORCYCLE一覧へ >

  • Dainese Group_Type E_Black_2017Dainese Group_Type E_Black_2017
  • motorimodamotorimoda
  • shopbannershopbanner
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku

ページ上部へ戻る