1. HOME
  2. MOTORCYCLE
  3. カフェ好きライダー・コバユリのカフェライドエッセイ/こまめ食堂(香川県)

LIFE STYLE

MOTORCYCLE一覧へ >

2015.05.05

カフェ好きライダー・コバユリのカフェライドエッセイ/こまめ食堂(香川県)

ライフスタイルエッセイスト小林夕里子が、オートバイとカフェのいい関係を、おすすめのカフェ紹介とともに綴る連載エッセイ。人生は分岐点の連続だ。カフェまでの道のりも。道の分かれ目にやさしく佇む、小豆島のカフェのお話。

迷って選んで導かれた小豆島旅カフェ時間

文・写真/小林夕里子

hon_komame1

「MOTO NAVI CAFE in 大阪モーターサイクルショー」と題して催された、本誌河西編集長(と、お相手役コバユリ)のバイクファッションについてのワークショップにお越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました! 身も心も春めいて、そのままカフェライドに出かけたくなった方も多かったのではないでしょうか? かくいう私も、まんまとカフェホリックが発症(笑)。三日間の務めを終えたその足で、横浜から連れ立ってきた古いGSと、満を持して旅立ちました。ハイウェイで西へ向かい、フェリーに乗ってどんぶらこ。瀬戸内海に浮かぶ小さな島。念願の、小豆島へ!

 ええ、計画的でしたとも。どうして小豆島なのかと言えば、今年は〝島旅〞が私を呼んでいるからで、中でも小豆島は、旅友達の影響でここ数年、行ってみたい島ナンバーワンに君臨し続けていたのだ。おいしいみかんにオリーブオイル。青い海に映える真っ白い素麺! さて、どこからまいろうか? 何はともあれ、カフェからでしょう!

 それにしても今朝の大寝坊には我ながら焦った。何を隠そう小豆島、周囲百キロ余りのかわいい島にもかかわらず、十近くものフェリー航路があって、昨夜はどれにしようか迷っていたら寝るのがすっかり遅くなった。神戸港からの船で明石海峡大橋の下をくぐって浮かれるか、淡路島経由で四国へ渡り、讃岐うどんをすすってからの高松港か。悩んだ末、最も時間を節約できる姫路港からの無難な航路を選んだ。一刻も早くカフェに辿り着くために!

 朝食を抜いて、ついでに化粧も手を抜いて、予定通りのフェリーで無事入島。で、どのカフェに行く?

・・・・・・と続きはぜひMOTO NAVI本誌をご覧ください!

ちなみに今回のカフェの情報は下記になります。
hon_komame2こまめ食堂
棚田百選に数えられる千枚田や、無形民俗文化財に指定される農村歌舞伎など、日本らしさがあふれる小豆島の中山地区で、棚田を見下ろすように佇む食堂カフェ。かつて精米所だった木造家屋には昭和の面影がやさしく漂います。名水で炊き上げるお米が自慢のおにぎり定食を、棚田を眺めながらぜひ味わって。バイクは200m先の臨時駐車場へ。

SHOP DATA
香川県小豆郡小豆島町 中山 1512-2
平日11:00 〜17:00 火休
☎ 0879-75-0806
hon_komame3

→カフェ好きライダー・コバユリのカフェライドエッセイ/ミサキドーナツ(神奈川県)

MOTORCYCLE一覧へ >

  • Dainese Group_Type E_Black_2017Dainese Group_Type E_Black_2017
  • motorimodamotorimoda
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku

ページ上部へ戻る