MOTORCYCLE

TOO FAST, TO BORN. 早すぎた(?)バイクたち。-原付編ー

いまとなってはとても素敵に見えるのに、なぜか販売中はそれが数字に現れなかったバイクたち。
世に出るのがもう数年遅ければ、なんて言いたくなるような、早すぎたモデルを紹介。
※Moto NAVI 2020年10月号に掲載された記事を再編集したものです

text_日越翔太(Moto NAVI)

285+3色のかわいいクラシック!!  ホンダ・ソロ(2003)

非ライダーから、このバイクの名前が知りたいと言われたことが2回(筆者はね)。自転車のようにすら見えるスリムなフォルムが興味を惹くのだろう。そんなホンダ・ソロは同社の若手開発者による「Nプロジェクト」の第4弾として、2003年春にデビュー。10年落ちのホンダ・モンキーに乗る当時大学生だった筆者の目には、ソロの流麗なデザインがそれはそれは美しく見えた。

そんなソロのウリは豊富なカラーで、タンク×フレーム×シートを好みの色で注文できるというふれこみだった。その組み合わせは285通り(+標準の3色)に及んだが、そのカラバリほどユーザーの心を掴みきれずに失速。手軽にオリジナリティが出せる素晴らしいシステムのように思うのだが、そのまま2007年にカタログ落ちした。

なお、現在は一部の好きものによってカスタムベースとして見直され、SNSには原型を留めないソロが散見されるが、それもまた第二の人生としては良し。それにしても、世に存在しないカラーの組み合わせはいったい何通りあるのだろう? どなたか調べていただけませんか? Moto NAVIにその調査結果を載せますので!

原付一種としては大柄な(長い)車体だが、積載性は皆無なので用途を選ぶ。通勤、通学ならあっというまに公道のヒーローになること間違いなし! 個人的な話で申し訳ないが、筆者宅の近所では2台の現存を確認しており、そのどちらも標準のイエロー。むしろ見かけるのはイエローとホワイトくらいのような……。そもそも販売台数が少ないのでカラーオーダー車は激レア。よって、中古市場においてはレアなカラーは高値で取引されている。

ホンダ・ソロ(2003)

●サイズ=全長1995mm×全幅710mm×全高980mm ●ホイールベース=1285mm ●シート高=730mm ●タイヤ=前70/100-18M/C41P、後70/100-18M/C41P ●タンク容量=4.1L ●車重=77kg ●エンジン=49cc空冷4ストローク単気筒 ●最高出力=3.5ps/7500rpm ●最大トルク=0.39kgf・m/6000rpm ●新車時価格 ¥199,000(スタンダード)、¥214,000(カラーオーダープランSTYLE 1)、¥219,000(カラーオーダープランSTYLE 2)※すべて税抜 ●中古車相場 ¥130,000 ~¥490,000(20年10月現在、編集部調べ) ●中古車流通台数 50台以下