1. HOME
  2. MOTORCYCLE
  3. 海外試乗記 Vol,1-ドゥカティ スクランブラー SIXTY2、バルセロナで初試乗!

NEW COMER

MOTORCYCLE一覧へ >

2016.03.21

World Launch Report DUCATI SCRAMBLER SIXTY2

海外試乗記 Vol,1-ドゥカティ スクランブラー SIXTY2、バルセロナで初試乗!

今年、新たにスクランブラー・ファミリーに加わった普通二輪免許で乗れるSIXTY2。
3月末のデリバリーに先駆けて、編集部マツザキがスペイン・バルセロナで開催された国際試乗会に参加した。

ducati_3

ドレスコードはカジュアル
 
 性能や走りを追求するこれまでのドゥカティとは一線を画し、ブランディングやプロモーションが独自のスタイルで行われてきたスクランブラー。サーフィンやスケボーを楽しむ若者たちがスクランブラーで疾走するムービーはとても楽しそうで、ライダーならずとも興味をそそられるものだった。だから、昨年発売された800㏄のスクランブラーは好調なセールスを記録し、これまでオートバイに乗ってこなかった人のハートもがっちり掴んだ。
 そして今年3月末に発売予定のSIXTY2。400㏄という排気量の設定は、日本の二輪免許制度にあっては朗報で、普通二輪免許しか持たないライダーの選択肢が広がることになる。それに加え、軽くて扱いやすい400なら、初心者や女性でも、スクランブラー同様のエキサイティングで楽しい走りを体験できる。
 ちなみに、SIXTY2という名前は、初代スクランブラーが発売された1962年に由来する。アメリカではポップアートが大流行し、同時にスクランブラーも若者たちにとってアイコニックな存在となった。
 そんなSIXTY2に、発売に先駆けて試乗できることになった。場所はスペイン・バルセロナ。旅の行程表には「ライディングウェアは、普段着に近いカジュアルなものをお持ちいただくことをおすすめします」とあった。さすがスクランブラー!

ducati_4SIXTY2は男性が乗っても様になる。40hpのエンジンパワーを全域で使って遊び倒すのが面白い。ライダーがかぶっているBELLのヘルメットはスクランブラー専用デザイン。実際に購入もできる。

〝オートバイで遊ぶ〞を体感
 
 試乗は1日だけだが、その序章は前日のミーティングから始まっていた。翌日の試乗コースを巡るためのパスポートがみんなに手渡されたのだ……要はスタンプラリーのようなもの!?
 試乗コースは、宿泊場所でもあるバルセロナ市内のホテル、ヴィンチビットをスタートし、市街地や緩やかなワインディングを走る約80㎞ほどの行程だ。今回の国際試乗会は、SIXTY2というバイクの特性から、バリバリの二輪ジャーナリストではなく、女性ジャーナリストや二輪メディア以外からの参加も多く、仲間同士ツーリングにでも行くような気軽さで試乗はスタートした。
 とはいえ初めてのバルセロナの道。先導のライダーがいるとはいえ、市街地は車線が複雑でラウンドアバウトという信号のない交差点もあり、ギアチェンジを繰り返しながら車線変更することも多い。でも、コンパクトで軽い車体だから身のこなしは軽快で、億劫に感じることもなかった。ストップ&ゴーも多い街中では足着きも気になるところだけど、身長160㎝の私でも両つま先がしっかり着くので問題はない。ちなみに、今回はドゥカティジャパンの女性スタッフも一緒に走ったのだが、彼女の身長は150㎝。ローシートを装着した車両で難なく乗りこなしていた。

ducati_2
 
 市街地を抜け、到着したのは地中海に面したバルセロネータというビーチ。ここは日本でいう湘南のような場所で観光客はもちろん、ランニングやスケボー、サイクリングを楽しむ人も多い。どうやらここで前日に受け取ったパスポートの出番らしい。サーフショップ内で、スケボーをいかに早く組み立てられるか、というゲームが組み込まれていたのだ。まさに"オートバイで遊ぶ"が体感できる試乗会だ。
 ちなみに私自身、800㏄のスクランブラー・オーナーとしては、400㏄のパワー不足を懸念していたのだけど、今回の試乗に関しては、高速道路、ワインディングともまったくストレスがなかった。それよりも399㏄L型2気筒のエンジンは、速さを追求せず楽しく走りたいライダーにとってはちょうど良く、エンジンを全域で使い切れる感じがある。トルクがフラットなおかげで、アクセルを開けてもグワッと前に引っ張られる感じもないから、ビギナーでもきっと乗りやすいだろう。海外のジャーナリストからも「イージー」という言葉をよく聞いた。
 スクランブラーには、数多くのアクセサリーやアパレルも用意される。だから同じモデルでも個々のライフスタイルを反映することができ、さまざまなバリエーションが楽しめる。自分ならどんな風にカスタムしよう、どこに行こう。そう考えるだけでワクワクする。自由で豊かなライフスタイルを表現できるSIXTY2。こんな相棒がいれば、バイクライフはもっと楽しくなりそうだ。

ducati_5

ドゥカティ スクランブラー Sixty2ウェブサイト→http://scramblerducati.com/jp/bike/sixty2

→海外試乗記 Vol,2-ドゥカティ Xディアベルにサンディエゴで試乗する

MOTORCYCLE一覧へ >

  • KTM RC250 CUSTOM PAINT PROJECTKTM RC250 CUSTOM PAINT PROJECT
  • motorimodamotorimoda
  • shopbannershopbanner
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku

ページ上部へ戻る