1. HOME
  2. MOTORCYCLE
  3. 東京イーストカフェめぐり-CAFE RIDE 04「ARISE COFFEE ROASTERS」

LIFE STYLE

MOTORCYCLE一覧へ >

2015.05.10

焙煎歴15年のオーナーが淹れる極上コーヒー

東京イーストカフェめぐり-CAFE RIDE 04「ARISE COFFEE ROASTERS」

第三のコーヒーブームとともに、全国的に増えつつあるコーヒーショップ。
とくに、MOTO NAVI編集部からも程近い、墨田区や江東区など東京の東エリアは、古いビルや空き倉庫も多く、カフェやコーヒースタンド、焙煎所がどんどん増えつつある注目のエリアだ。
そんなコーヒーの香りに満ちた街を今回はベスパでめぐることに。
半径2kmぐらいの小さな旅だけど、美味しいコーヒーを求めてのんびり走れば、また違うオートバイの楽しみに出会えるはず。

cafe

CAFE RIDE 04「ARISE COFFEE ROASTERS」
焙煎歴15年のオーナーが淹れる極上コーヒー
ARISE01
 
 東京イーストカフェめぐりの最後に訪れたのは、清澄白河にあるアライズ コーヒーロースターズ。じつはこのお店のオーナー林大樹さんは、1軒目に訪れたザ クリーム オブ ザクロップ コーヒー 清澄白河ロースターの立ち上げにも関わった人物なのだ。
 「焙煎歴は15年。自分のお店を持とうと考えたとき、スケボーで通える距離がいいなと思ったんです(笑)」その言葉通り、お店の壁にはお気に入りのスケボーが飾られている。
 そんなコーヒーとの付き合いも長い林さんのおすすめは、ドミニカのワイニーナチュラル。果実味が強くイチゴのような味わいが特徴だと言う。ほかにもケニア、イエメン、パナマ、ホンジュラスなど、世界中の豆を扱い、その豆本来の個性を出せるよう、お湯の落とし方や温度など抽出法を変えているのだそう。
 ご近所さんからカフェめぐりの人まで多くの人が美味しいと太鼓判を押すアライズ。さて、あなたのお気に入りは見つかった?

ARISE02コーヒーはドリップ(Mサイズ350円、Lサイズ450円)のみ。豆だけを買いに来るお客さんも多く、100g / 750円から。

ARISE03豆は多いときで40種類ほどをラインナップ。そのうち10種類前後を焙煎しお店で提供している。焙煎してから2日後ぐらいが味が落ち着いて美味しいのだそう。

ARISE04お店の脇には木のベンチが置かれ外で飲むことができる。オートバイは建物脇に停められるスペースがある。

SHOP INFO
アライズ コーヒーロースターズ
東京都江東区平野1-13-8 ☎03-3643-3601
9:30 〜18:00 月曜休
arisecoffee.jp
サードウェーブの波が押し寄せている清澄白河だが、アライズコーヒーロースターズは2013年9月にオープンし、この界隈のコーヒー文化を牽引しているお店。6坪の店内の1/4ほどは焙煎機で占められ、豆を買いに来る人も多い。すぐ近くにカフェスタイルのアライズコーヒーエンタグルもある。

→東京イーストカフェめぐり-CAFE RIDE 01「THE CREAM OF THE CROP COFFEE」

MOTORCYCLE一覧へ >

  • KUSHITANIKUSHITANI
  • Dainese Group_Type E_Black_2017Dainese Group_Type E_Black_2017
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku

ページ上部へ戻る