1. HOME
  2. BICYCLE
  3. ON THE WHEELS_ふたつのミニマル思想

LIFE STYLE

BICYCLE一覧へ >

2016.04.16

MINI COOPER✕ALEX MOULTON

ON THE WHEELS_ふたつのミニマル思想

二輪と四輪、人力とエンジン。何もかもが違う2つの乗りものに、通じる“何か”はあるのか。
元自動車雑誌編集長にして、世界のクルマに乗り尽くしてきた自動車ジャーナリスト、嶋田智之が考えた。

wheels_01

イシゴニスとモールトン、二人のアレクサンダー

 ああ、弾む……やっぱり弾んでるよ……この感覚、この感じ……。
 自然とニンマリさせられちゃうような、唯一無二の独特のフィールは一緒だった。あらためて乗ってみて、クルマであっても、自転車であっても、ワケもなく楽しいような気分にさせられたことが嬉しかった。
 ラバーコーン・サスペンション。
 この奇妙といえば奇妙なサスペンション形式がクルマに採用されたのは、自動車の側からモノを見る立場からすると、歴史的な大英断だったと考えざるを得ない。でも、アレクサンダーという同じ名前を持つふたりの技術者にとって、それは英断でも何でもない必然だったのかも知れないな、なんて思ったりもする。
 ひとりはサー・アレック・イシゴニスこと、アレクサンダー・アーノルド・コンスタンティン・イシゴニス。世界の誰もが知る初代ミニを設計した人物だ。もうひとりは、サー・アレックス・モールトンこと、アレクサンダー・エリック・モールトン。ゴム製品の開発と製造に関わる家系に生まれ、航空機のエンジン開発や自動車開発に携わった後に家業に入り、ゴムを媒体としたスプリングの研究開発を続け、自身の名を冠したゴム製サスペンションを持つ自転車を作り上げた人物だ。
 そして学校の授業ではあんなにも退屈だったのに、歴史というのは時として面白い。1956年に勃発したスエズ戦争が、ふたりのアレクサンダーにそれぞれ大きな影響を与えたのだ。オイルショックが巻き起こったことで、イシゴニスの方は極めて経済的なミニマムカーの開発を急がされることになり、モールトンの方は移動手段としての自転車の効率の高さに目覚め、自らの理想をカタチにした自転車の開発をスタートさせることになったのだ。しかもふたりは共通の友人の引き合わせで知り合っており、親しくなっていた。忌まわしいスエズ戦争が、〝ああ、弾む〞とニンマリさせてくれるふたつの乗り物を生むキッカケになったのである。
 モールトンが研究を進めてきていたラバーコーン・サスペンションは、通常の金属バネの代わりに円錐型のゴムの塊の弾性を利用した極めてミニマルな仕組み。機械的な可動部なしに、最小限のストローク量で衝撃を吸収することができた。
イシゴニスが進めていたクルマのミニマルなパッケージングにはピッタリだった。そして1959年にデビューした初代ミニは、4人乗り小型車としての実用性や経済性とともに、ゴムならではの弾むような特性なしには得られないゴーカート感覚の楽しいハンドリングで、ドライバーを大いに喜ばせた。1962年発表のモールトンの自転車は、ラバーコーンのサスペンションに加えて小径ホイールと高圧タイヤを備え、リジッドの自転車とは段違いの快適さと独特の乗り味で、瞬く間に信奉者を増やした。
 時を経て- 今。グランド・クラシックになった初代ミニを愛し、その乗り味を楽しみ続けている人がたくさんいる。その初代とは全く異なる設計で作られている現行ミニも、イシゴニス時代のキビキビした乗り味を再現し続けてるようなところがある。そしてモールトンの自転車は、かの時代から延々〝走る嗜好品〞として愛され続け、独特の乗り味で人々を魅了し続けている。たかが黒いゴムの塊が50年以上にもわたって人々の笑顔を生み出しているのだ。凄い話である。

wheels_02MINI COOPER
英国の天才エンジニア、アレック・イシゴニスにより設計された20世紀を代表する小型車ミニ。全長3mという小さなボディの四隅にタイヤを配し、大人4人が乗れる空間を確保。横置きエンジンとトランスミッションを一体化したFFレイアウトや10インチタイヤの採用など独創的な設計を持ち、モールトン博士の設計によるゴムを用いたラバーコーン・サスペンションの採用もその特徴。「クーパー」はより高性能化されたスポーティモデル。

wheels_03ALEX MOULTON
ラバーコーンを用いたミニのサスペンションを開発したアレックス・モールトンが、その技術を使い開発した小径自転車。特徴的なトラスフレームと小径・高圧タイヤを採用し、シルキーライドと称される滑らかな乗り心地と高い走行性能を兼ね備える。なかでも「AMシリーズ」は年間数百台のみが英国ブラッドフォードのモールトン城の中にある工場で手作りされ、愛好者からは“お城製”と呼ばれる垂涎のモデルとなっている。

text_Tomoyuki Shimada
photo_Hiromtsu Yasui
cooperation_Terada Shokai

<過去の記事>
→ON THE WHEELS _「スポーツ」の意味するもの

BICYCLE一覧へ >

  • motorimodamotorimoda
  • shopbannershopbanner
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku
  • one navione navi

ページ上部へ戻る