1. HOME
  2. CAR
  3. 僕もスキーに連れてって!?-編集長・カワニシのリターン・スキーヤーへの道2016

LIFE STYLE

CAR一覧へ >

2016.01.07

Car Life with Ski

僕もスキーに連れてって!?-編集長・カワニシのリターン・スキーヤーへの道2016

「私をスキーに連れてって」からもうすぐ30年。バブル崩壊後は人気が下火傾向にあったスキーだが、ここ数年は人気の復調が顕著だそう。機材やウェアの進化とともに、よりお洒落に気軽に楽しめるようになったスキー。今年こそゲレンデ回帰を目指して、わたスキ世代代表・カワニシが1日スクールを体験しました!

ski_1

今年はスキーも始めます!

 サーフ&スノーと銘打って、ヨンクを特集したのは今年の1月のこと。早いものでもうすぐ1年。もうすぐ本格的なウインタースポーツシーズンの到来だ。今年は何とかスキーにリターンしたい! とは言え練習しようにも関東から足を伸ばせるスキー場のオープンまで、あと半月ほど待つ必要がある。
 それならば……と向かったのは、埼玉県にある狭山スキー場。1959年開業という長い歴史を持つ屋内スキー場だ。そしてウン年ぶりにスキーにリターンすべくリハビリに訪れたのは、本誌編集長・カワニシ。近年はトライアスロンにゴルフとあらゆるスポーツにハマっているが、はたして〝わたスキ〞時代を謳歌したあの頃の滑りを取り戻せるのか-。プライベートレッスンを受けるべく、赤いカローラⅡならぬ、アルファスパイダーで狭山スキー場に向かった。(何たって手ぶらで行けるのだ)

ski_3

昔とは乗り方も変わってます

 今回教えてくださるのは、狭山スキースクールの校長、園部 修先生だ。まずはレベルチェックでカワニシの後ろにつき、フォームや重心、滑り方をチェック。
「普段からスポーツをしているせいかポジションがとてもいいですね。練習したいのは乗り方。板を活かさず、体で曲がろうとしています」
 いまのスキーはわたスキ時代よりはるかに進化しているので、むしろ板の性能を活かした乗り方が求められるのだ。ブランクの長いカワニシも、当初は足がハの字に開きがちだったが、教わるうちに徐々に揃って、エッジを使えるように。
「全部借りられるから会社帰りにカラダひとつで来られるのがいいよね。でもやっぱり、カッコいいウェアと板がほしくなっちゃううな〜(笑)」
 シーズンインに向けたウォームアップに、まずは仕事帰りのドライブ&スキー、皆さんもいかがですか?

ski_6駆け足ながら1時間のレッスン終了! 人工雪じゃなくて、パウダースノーならもっと滑れるかな。(と思いたい!)

ski_5
INSTRUCTOR/狭山スキースクール校長・園部 修さん
コーチング歴28年の大ベテラン。スキーのレッスンは初心者~中・上級者までの常設レッスンのほか、プライベートレッスン(¥5,500/1時間)も予約制で受け付ける。

狭山スキー場
2基のリフトに挟まれたコースは全長300m、幅30m、最大斜度15度と初級~中級者向け。入場リフト料金は一日券(一般)¥4,100。また毎週水曜日は「水曜レディースデー」、毎週木曜日は「イケ! メンズデー」で女性・男性の1日券がそれぞれ¥2,000になる(男性は滑走メンバーのみ)などサービスも充実。週末を中心にオールナイト営業も。営業は2016年4月16日までを予定。
埼玉県所沢市上山口2167
☎04-2922-1384
営業時間:10:00~21:00(年末年始3/14~を除く)、22:00~翌6:00
関越道 所沢ICより12km、圏央道入間ICより10km、中央道国立府中ICより20km。
西武池袋線「西武球場前」駅より徒歩3分。

ski_2オープンスポーツでゲレンデにGO!
狭山スキー場までは編集部からはクルマでわずか1時間30分ほど。この時期は本格的なスキーシーズンを前に体慣らしのために訪れる上級者も多く、この日は平日にもかかわらず多くのスキーヤー・スノーボーダーで賑わっていた。

写真/高柳 健

関連記事→あの頃は誰もがスキーに夢中だった。だから…… もういちど、スキーに行きたい!

CAR一覧へ >

  • Dainese Group_Type E_Black_2017Dainese Group_Type E_Black_2017
  • motorimodamotorimoda
  • shopbannershopbanner
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku

ページ上部へ戻る