1. HOME
  2. CAR
  3. アルファロメオ、新型ジュリアを発表!

NEWS

CAR一覧へ >

2017.09.06

ジュリアにハートブレイク♪

アルファロメオ、新型ジュリアを発表!

9月6日、FCAジャパンは東京・品川の寺田倉庫でアルファロメオ・ジュリアのプレス発表会を開催した。
GI-1
GI-2GI-3
FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム代表取締役社長兼CEOの挨拶から始まり、イタリア本国から来日したアルファロメオ・エクステリアチーフデザイナーのアレッサンドロ・マッコリ―ニ氏らによる、意欲的なプレゼンテーションが行なわれた。

40年ぶりの復活となる新型ジュリアは、新時代の幕開けを象徴するフラッグシップモデルとして、アルファロメオブランドにとって重要な役割を担う。なお、日本で発売するラインナップは以下の4種類を予定している。

GI-6
スタンダードグレードの「ジュリア」(受注生産)は、2リッター直列4気筒マルチエアツインスクロールエンジン(200ps)を搭載し、後輪駆動と8速ATとの組み合わせでスポーティかつ上質な走りや快適性を実現している。バイキセノンヘッドライトをはじめ17インチアロイホイール、レザーシート、6ウェイパワーシート、車載インフォテインメントシステム「Connectシステム」などを標準装備している。価格は446万円。

ラグジュアリーグレードの「ジュリア スーパー」は、ジュリアと共通のパワートレインを採用。足まわりに18インチアロイホイールを装備している。インテリアはプレミアムレザーシート、ステッチ付のレザーインストルメントパネル/ドアパネル、ウォールナット/グレイオークのウッドパネルなどに加え、harman/kardon製プレミアムオーディオシステムをセットアップすることでワンランク上の上質感を醸し出している。価格は543万円。

GI-4
スポーティグレードの「ジュリア ヴェローチェ」では上質さと高次元の走りを両立しており、最高出力を280psにまで高めた2リッター直列4気筒ターボを搭載。さらにシリーズで唯一、四輪駆動システムを採用しており、あらゆる環境下で安定した操縦安定性を発揮する。専用バンパーや18インチアロイホイール、スポーツレザーシート、アルミインテリアパネルなどによってスポーティ感を高めているほか、ブレーキ性能も強化。またラインナップ中唯一の左ハンドル仕様となっている。価格は597万円。

GI-5
ラインナップの頂点に君臨する「ジュリア クアドリフォリオ」は、2.9リッターV6ツインターボを搭載し、510psの圧倒的なパワーを誇るハイエンドモデル。0-100km/h加速3.9秒、最高速度は307km/h(共に欧州仕様参考値)。2016年にはニュルブルクリンク北コースで当時の4ドアセダン世界最速記録の7分32秒を樹立している。カーボンエンジンフードやカーボンルーフパネルを採用することで、3.0kg/hp未満という世界トップレベルのパワーウェイトレシオを実現している。価格は1132万円。

GI-7販売は10月14日よりスタートし、2018年中に60拠点に拡大予定のアルファロメオ専売ディーラーでの扱いとなる。
詳しくは Giuliaホームページまで。

CAR一覧へ >

  • motorimodamotorimoda
  • shopbannershopbanner
  • nc21_teikinc21_teiki
  • teikikoudokuteikikoudoku
  • one navione navi

ページ上部へ戻る