1. HOME
  2. BLOG
  3. コバユリのステキカフェBLOG
  4. 軽井沢特集①「Coffee House Shaker」

cafe170501-5

小林夕里子

小林夕里子

3カ月前 - 2017.05.25

軽井沢特集①「Coffee House Shaker」

紫陽花のつぼみが膨らみ色づき始めると、カフェライドもしばしお預けとなる梅雨入りまで、あと少し。
「今のうちに走っておかなくちゃ!」
とにわかに焦り出したライダーみなさま、目的地はもう決まりましたか?
まだ、という方のために、今日から数回に分けて、一年で最も爽やかな季節を迎えた、新緑溢れる軽井沢のステキカフェを紹介したいと思います。
初回は、軽井沢を東西に走るメインロード、国道18号、通称「メルヘン街道」からもアクセス良好な中軽井沢のスローライフカフェ「Coffee House Shaker」です!

 

 cafe170501-1

 

交通量の多い国道からほんの少し奥へ入った静かな住宅地に、あふれんばかりの緑に包まれた白い建物が現れます。
眩いほどのコントラストに、何度訪れてもため息が漏れます♡
この季節は緑とお花、両方楽しめるところがいいですね。

 

cafe170501-2

 

 
店名にある「Shaker」は、18世紀から19世紀にかけてアメリカで発展した宗教の一派「シェイカー教」のこと。
シェイカー教徒は、仕事と信仰、男女平等、忍耐、純潔、清潔、平和主義、精神性と機能性が合致したシンプルな暮らし、そして経済的に労働で独立することをモットーとして独自に発展していきました。その中で生み出された、余計なものを極限まで削ぎ落とし、機能性とデザイン美を融合させた家具や生活品は、今もなお世界中のミニマリストたちに大きな影響を与えています。

そのシェイカースタイルを取り入れた貴重なカフェに、一歩足を踏み入れた途端、
まさに初夏の軽井沢のごとく清々しい風が体の中を吹き抜けます!

 

cafe170501-3

 

こちらのカフェを切り盛りするのは、釣り業界でも名の知れたアウトドアマン、黒澤一進さん。
彼がつくるカフェごはんやスイーツも、シンプルで、丁寧で、飾らないのに可愛くて、ほっこりの極み。
隅々まで行き渡るシェイカースタイルは、黒澤さんのミニマリズムそのものなのかもしれません。

 

 cafe170501-4

 

忙しすぎる毎日を送っている人。
悩み事に少し疲れた人。
情報過多な日常から抜け出したい人。
いろいろ、リセットしたい人。
シェイカーに流れるゆっくりとした時の流れに、身をゆだねてみてください。
きっとリピートせずにいられなくなるはず!
だってライダーも、ミニマリストの一派ですものね♪

 

 

cafe170501-6

 ★ Coffee House Shaker ★
長野県北佐久郡軽井沢町長倉3460-16(ジャリの駐車場あり)
http://cafeshaker.exblog.jp/

小林夕里子…ライフスタイルエッセイスト。「アクティブ&ナチュラル」をキーワードに、執筆やメディア出演を通じてバイクのある暮らしの喜びを女性の視点から発信。モーターサイクル×アウトドアブランド「nomadica」代表。

ページ上部へ戻る